トップページ >> 冷や汗が出たトイレ詰まり

冷や汗が出たトイレ詰まり

独身時代に一人暮らしをしていた頃の話です。ある日、いつも通りトイレを使用したところ、流れが悪く、もう一度流すと、便器の中の水かさが増えるだけで流れていないことに気づきました。それまで、そのような経験が全くなかったので、トイレが詰まったという事態に頭の中が真っ白になりました。水があふれ出てはいなかったのですが、もう一度流したら危険だと感じました。冷や汗をかきながらも、しばらくタンクを開けてみたり、水かさが減らないか待ってみました。しかし、一向に水かさは減る気配もなく時間だけが過ぎました。

業者に頼もうかとも迷いましたが、まずは親に電話をしました。業者に頼むのも良いけれど、まずはスッポン(ラバーカップ)を使ってみるように勧められました。家にスッポンはなかったので、近くのホームセンターまで急いで出かけて買ってきました。購入時は、この道具一本で本当に詰まりが解決できるのか不安でした。しかし、詰まりを解決できるなら、とりあえず何でも試そうと、使い方を聞いてスッポンを使ってみました。

何度か、押したり引っ張ったりしているうちに、水かさが減っていくのを感じました。この勢いで詰まりを解消しようと頑張っているとさらに水かさが減り、バケツで水を流してみたところ流れるようになっていました。この時の安心感は言葉では表せないくらいです。

女性にとってトイレの詰まりを業者さんにみてもらうというのは恥ずかしいところもあります。自己解決できて本当に良かったです。それ以来、スッポンはお手洗いに必ず置いておくことにしました。