湯が出続けて止まらないんです。

確か2月上旬立ったと思います。いつも通り湯はりの準備をして湯船にお湯を貯めてました。それで湯はりが終了した合図の音が鳴ったのでスイッチを切って服を全部脱いでから蛇口を捻るとスイッチを切ったはずなのに湯はりが終わらず蛇口を戻しても少しですがお湯が出続けて止まらないんです。

おかしいな、スイッチ切り忘れたかなと思いバスタオルを巻いて台所に向かいました。

スイッチは台所にあるので。この時も風呂に入る気満々だったのですごく寒いけど我慢してました。そしてスイッチが切れてるのを再確認して再び風呂にいき蛇口を捻るとやはり少しずつお湯が出続けて止まらないのです

これはまずい、水道代ももったいないし、寒いし、風呂に早く入って暖まりたいと色々な思いをしながら5分ぐらい蛇口と格闘したが一向に直らず、どうしようかと思った時にあっ!元栓止めればいいと思い、寒いなか外まで元栓を止めにいきなんとか水を止めました。

ただこの時にこのままではダメだからとりあえず今日は風呂を諦め服を着て水漏れ24時をみて業者に電話をすると30分ぐらいでいきますと言われたのでよかったと思い業者を待ってました。

そうすると業者がきて調べてもらうと蛇口がバカになって役割を果てしていないらしく部品を交換しないといけないと言われましたが今はないのでまた明日きますと言われ、結局次の日までお風呂に入れず寒い中悲しい思いをしました。

ベランダの給湯ホースが裂けました。

わたしの部屋はマンションの二階なのですが、ある日わたしの外出しているとき大家さんから、「ベランダが水で溢れかえっているため、水道を止めました。家に帰っても水は出ませんのであらかじめ注意してください。」と連絡がありました。わたしは気づかなかったのですが、ベランダの給湯器から伸びているホースが裂けていたみたいで、すごい勢いで水が溢れていたらしく、下の階のベランダまで水浸しになってしまっていたみたいです。そこで下の階の住人や、異変に気付いた隣の部屋の住人から大家さんに連絡がいき、自分の知らないところで大事になっていました。大家さんからの連絡の後にすぐ水道工事の方から連絡が入り、その日のうちに見に来ていただけることになり確認していただいたところ、ホースの劣化が原因で水圧により裂けてしまったとのことです。給湯器の故障だったため、水はすぐに使えるとのことで水道は回復しましたが、給湯器修理は翌日とのことで、一晩お湯が使えませんでした。翌日夜には修理に来ていただき無事に直り、それからは問題なく使えています。下の階の住人がベランダを使ったいなかったのが幸いでしたが、もし洗濯物を干していたら…と考えるとゾッとします。

水回りの不具合は手入れの時に観察する事が大切

私は以前、某宿泊施設で働いていました。そこでは受付を担当していたのですが宿泊施設という事もあり客室管理とは切っても切り離せない関係があり時には夜中にも客室整備をする事がありました。

私は女性だからとお客様に言い訳できる訳もなく様々な不備に対応してきました。
中でも多いのがユニットバスの洗面所の不具合です。

どの様に対応していたかというとユニットバスのパネルを外して洗面台の排水口から繋がっているパイプを分解し中のゴミを取り除くことにより改善させました。

この方法は洗面台の排水口に歯ブラシを落としてしまったという事例にも大変有効でした。
まさか自分がこんな事が出来る様になるとは自分でもびっくりです。

また、同じ様な不備が起きない様に時間を見て客室清掃の時にもパイプを分解してみて中を洗う作業をしていました。

この経験により私は自宅の洗面台の不具合も直せる様になり家族にも驚かれるほどです。

お客様が困っていたら放置する事は出来ませんですし夜中となると業者さんは閉まっているので自分の力で解決するしかなかったのです。

ただ、全てが素人の私達に直せる訳ではありません。
直らない場合は業者を呼び、次回同じ事が起きたらどのようにしたらいいのかや同じ事を繰り返さない為にはどう対策をしたらいいのかご指導を頂きました。

この事から水回りの不具合は日頃のお手入れや管理との関係が密接していると学びました。

しつこいトイレの詰まり

トイレを流すと、いつもと違って水が流れずに便器に溜まりました。便器スレスレのところまで溜まり、後少しで逆流するところで水が止まりました。ヒヤヒヤしながら見ていました。便をした後、便が大きかったのか、トイレットペーパーを使い過ぎたのか、理由は分かりません。しばらく様子を見て、置いていても溜まった水自体も減りません。
いつもだったら、逆流しても時間が経てば溜まった水が流れて水嵩が減ります。そうすると、再びトイレの水を流します。それを繰り返していると流れてくれます。
ラバーカップ、通称すっぽんを100円均一で購入しました。カップの大きさが、大きいのと小さいの、2種類ありました。どちらがいいか分からなかったので、とりあえず両方購入して試すことにしました。
どちらのサイズでやっても流れる気配がありません。汚い水も飛ぶし、手も痛くなってきました。業者に依頼するにも、自分の排便を誰かに見られる恥ずかしさもあり、業者に依頼する勇気がありませんでした。
インターネットで検索して、様々な方法を試そうと思いました。お湯を流して、薬を入れるという方法もあると記載があったのですが、お湯を流すキャパなんて少しもありません。
最後の方法、ラバーカップの効果的な使い方という方法にかけました。ラバーカップはただパコパコ押すのでなく、水面に平行にして静かにカップがトイレの便器につくまで沈めると勢いよく押します。6回目に流れました。
もう駄目かと思ったのですが、無事に流れてホッとしました。自宅のトイレが使えなければ、トイレに行きたくなってしまったらどうしたら良いのかと考えると、解決するまでに時間のリミットがあります。ですが、業者に依頼するのは恥ずかしいです。きっと男の人が来るだろうと思うと依頼できません。もうこんな思いは二度としたくありません。それ以来ずっとトイレはこまめに流すようになりました。便の時は3?4回流しています。